【映画レビュー】僕だけがいない街(2016)

気まぐれパパの映画レビュー

商品の詳細

原作 三部けい

監督 平川雄一朗(『ツナグ』)

主演 藤原竜也

※他に有村架純、及川光博、石田ゆり子などが出演。

Advertisements

あらすじ

ピザ屋でアルバイトをしながら漫画家を目指すもなかなか花を咲かせられない藤沼悟には、時間が巻き戻るリバイバルという特殊な能力を持っていた。ある日母親が何者かに殺され自分が犯人扱いされ絶体絶命のピンチに陥った時、突如18年前にリバイバルする。それは記憶の奥底で眠っていた18年前の未解決事件の起きた日だった。母親を救うため、また未解決事件の真相を解いていくため過去と現在を行き来することになる。

感想

この作品ではリバイバルと呼んでいますが、バタフライエフェクトとか、時をかける少女とかのタイムリープと似ています。ただし18年前と、かなり前に戻れる上に片付いたら結果を見に一瞬で現在に戻れるので藤沼君は他よりも能力高めです。

リバイバルで何度も繰り返しのシーンが出てくるのでやや疲れますが一つ一つのシーンが非常に丁寧に書かれているので作品の中に引き込まれやすく見応えありました。幼少時代に登場する子役の中川翼、鈴木梨央の演技力もなかなかでした。

きっかけは藤原竜也がバトルロワイヤルとかカイジとかで好きだったので見てみました。1/3くらいは幼少期だったのと、ぢぐぢょーとか、なんでだよぉとかはありませんでしたが、随所にたっちゃんだなぁと思う場面があり大満足でした。

現実世界ではああすれば良かったとか、こうしなければとか良かったとか何かと後悔が多いもの。人生をもう一度やり直せる能力があったらぜひ欲しいですよね。

僕がリバイバルできたら…やっぱ株とか競馬ですかね。

原作の漫画を読んでみるのもよいかも!