【予算別】家庭用ミシンおすすめ機種まとめ

お買い物

「入園グッズなど最低限が難なくこなせてコスパがいいミシン」「あれば趣味として不足なく楽しめるミシン」予算別に選ぶべきミシンのおすすめ機種をまとめてみました。

ちなみに私は憧れのキルスぺ様を手にいれてから早1年半。だいぶたちましたが、ミシン選びの過程をちょっと思い出してみようと思います。

スポンサーリンク

1.家庭用?or職業用?

まず最初に迷ったのはこれ。当時使っていたミシンは昔某ディスカウントストアで必要に迫られて買ったものなのでパワー不足…。キルティングですら重ね縫いすると目飛びしたりするありさま。だから私のミシン選びのスタートは「とにかくパワフルなミシンがほしい!!」でした。あー、ジーンズの裾上げしたい…帆布のバッグを作りたい…あわよくば革も縫えたらいいなあ…なんて思っていたので最初に欲しくなったのは職業用でした。

しかしいろいろ考えた結果

・ミシンをつかうのは子が寝た後(しかもマンション暮らし)
・一台で手軽に何でも作りたい(ロックと二台使いは置き場ない)
・飾り縫い素敵!(スカラップは欲しい!)
・職業用高い!

ということで家庭用を選びました。

2.予算別家庭用ミシンおすすめ機種

★1万円前後

正直パワーや耐久性、機能面であまり良いものを聞いたことがありません。保証とかもやっぱり大事だし…このぐらいを買うならミシンのレンタルサービスなんかもあるのでそちらを利用してみても良いのかもと思います。間違ってもドン〇ホーテとかディスカウントショップで買わないように(笑)

★2万円台

私の友人で3人ほど使っている人がいる、「コスパがいい!」と評判のSN771F 。日テレ通販ポシュレで紹介されているやつですね。

この価格でワイドテーブル、フットコントローラー、サイドカッター、ボタンホール機能、40種類のステッチがついているのはまさに破格!デニム13枚重ねやオーガンジーなんかもスイスイ縫えると私の周りでは一大ブームを起こしています。通園グッズなんかはもうこれ一台で不満なくできそう本家のポシュレでなくとも、amazonや楽天で買っても同価格なのでポイントや買いやすさで好きなところで購入するといいと思います。

★6万円台~

はい、私が購入したエクシードキルトスペシャルことHZL-F600JPはじつはここに入ります。

特徴は

①BOX送り…従来の楕円形の送りと違って水平に布を送れるので縫いずれや縫い縮みしにくい。もともとは工業用ミシンの技術なんだそうです。

②きれいなボタンホール…今まではボタンホールがあんまりきれいにできなくててかがりしていたんですが、こちらは既製品のようにきれいにできます!

③縫い模様が豊富…なんと225種類!スカラップも幅や長さが調整できるのでスカートのすそなんかに重宝してます!(切る作業が面倒くさいですけどね…)

なんですが、個人的に一番感動したのは「とにかく一つ一つの動作が楽!」これにつきます。

代表的なものだと

★ひざ上げレバー…手で押えを上げ下げする必要がなくなり、効率がアップします。
★フットコントローラー…なんとかかとの部分を踏むと糸切りもできちゃいます。
★自動針糸通し…レバーを下げるだけで簡単に糸が通ります。
★自動返し縫いモード…縫いはじめと終わりに勝手に返し縫いをしてくれます。

糸を替えたり方向を変えたり、糸を切ったり…こういう作業ってじつはミシンを使っている時間の大半を占めているんですよね。ストレスも地味にあったり…。ミシンを変えて無駄な作業をカットできたので以前よりも数倍快適に作業できています。

定価は228,900円と高額ですが、実売価格はその3割弱ほど。ミシン業界にはルールがあり、キルスぺを含む特定機種のWEBでの価格表示はご法度なので価格の詳細や購入店舗は伏せますが、がんばれば手が出ない価格ではありません。ぜひミシン屋さんに電話(もしくはメール)で問い合わせをしてみてください。問い合わせの仕方やおすすめショップなどはこちらをご覧ください↓。

最近キルスぺの下位機種のドレスメイク(通称ドレメ)HZL-F400JPがユザワヤの店頭で7万円台で置いてあったのを見たことがあります。ちなみにこれは高いです。(近くに店舗があれば故障時の対応など便利かもしれませんが…)ドレスメイクとキルスぺ、割引率がだいぶ違うので下手したら同じような金額になることもよくあります。電話でしか価格を教えてくれないショップもあるのでとにかく根気よく問い合わせしてみてくださいね。

これ以上、それこそ数十万クラスで予算がある人は憧れのベルニナやハスクバーナ、刺繍ミシンなどそれこそキリがないですが、そこまで予算をさける方はあまりいないでしょうね。

とにかくコスパのSN771F、機能盛りだくさんのHZL-F600JP。今後どういう使い方をするのかをよく考えて最適な相棒を選びましょう!