バチェラージャパン シーズン2 第7話感想(毒舌&ネタバレ注意)

プライムビデオ

さて、今週も配信されました、バチェラー2。今回は第7話です。それでは行ってまいりましょう!

34445511_783998975128574_4375376054513041408_n

1.今週のデート

★福良さんとのチャペルデート

荘厳(イギリス・バース)福良さんの陰の部分をみたいと用意したデート。はじめて彼女の身の上話が繰り広げられます。母子家庭だったのか―。やっぱり福良さんは好きで残しているというよりは番組の進行上必要だから残している感がぬぐえないけど、この一件で今回の落選は見送りへ。というかチャペルデートをして、身の上話をして、「お母さんに会ってみたいな」なんて言ったうえで落としたらバチェラー最低男になってしまいますやん。

★若さまとの大阪デート

人混みと道頓堀小柳津さんの母校PL学園へ。え?PL学園から慶応?浪人してるのか。まあアメリカ帰りで編入できるところが少なかったのかしら。親友にも若様を紹介。自身がおっ〇い星人であることを暴露されるバチェラー。若さまのことを知るために自爆テロを決めたバチェラーだが結局心を開いた(?!)若さまから出たエピソードは「美人だと見た目だけで男が寄ってきて怖い思いもしたりしてつれーわー」程度の自称美人界では定番のネタだったのでまだまだ時間がかかりそう。言葉に詰まる感じとかは妙にリアルでよかったんだけど。ミステリアス作戦大成功!まだまだ若さまは安泰ね。

★小口さんとのバーデート

記念日に女性と乾杯するシーン小口さん、バチェラーへの気持ちがわからなくなる。バチェラーとのやりとりは会社の先輩後輩みたいに自然で良かったんだけど会わな過ぎるとそういうこともあるわな。でもこのつれない態度が追いかけたい派の林太郎さんに火をつける。「押してダメなら引いてみろ」昔の人はよくいったもんだ。

2.カクテルパーティー

安定の倉田さんはまだまだ大丈夫そう。っていうか前回の「親の顔が見てみたいんじゃない?」「カンパーイ」あたりから倉田さんのコメント&ナレーション大好き。いなくなったらいやだから最後まで残ってほしい。絶対友達になったら楽しいタイプだと思う。スピリチュアルなあずあず、「ローズをもらう自信は200パーセント!」宣言。さすがとしか言いようがないけどそれはフラグだ。小口さん、昨日の今日で「やっぱ好きー」はおかしいでしょう。

3.ローズの行方は…

落選したのはスピリチュアルなあずあず。予想大はずれ。まあね、そろそろ番組的面白キャラ(小柳津さんは本気じゃない)のノイズを落としていく時だと思う。福良さん、あずあずがノイズ要因だったから次回はそろそろ福良さんかな(必死)

4.次回予想

これはどう考えても福良さんかな。え?ちがうの?まだのこすの?

なにはともあれ、来週もますます目が離せませんね。

5.バチェラージャパンが見られるAmazon Prime

年(!)会費たった4900円(税込)配送料無料!(お急ぎ便も無料!)プライムビデオ見放題!プライムミュージック(対象曲100万曲以上)聴き放題!プライムリーディング対象本読み放題!amazonパントリー、amazonフレッシュ、タイムセール、プライムフォト…などなどお得がいっぱい!本当にここまで来たらamazonユーザーで入らないのはもったいなさすぎるサービスです!