遊具の無料レンタル?!コスモス畑?!まつぶし緑の丘公園は手ぶらで遊べる楽園だった

埼玉

先日まつぶしみどりの丘公園に行ってきました。思っていたよりも広くて遊べたのでびっくり!

関連記事:子供は目いっぱい動いて早く寝る。親は交代で昼寝も可能?!
休日公園ピクニックは親も子もWIN-WINな遊びだった!

1.公園について

所在地:埼玉県北葛飾郡松伏町大字大川戸2606-1

・位      置      松伏町大字大川戸地内 ・都市計画決定面積   26.5ha(平成10年11月) ・事業認可面積      26.5ha(平成10年12月) ・供 用 面 積      26.5ha(平成28年4月) ・指 定 管 理 者      松伏町 ・施 設 計 画    水辺ゾーン(野鳥の水辺、トンボ池、木道)  ・・・・ 13.0ha 広場ゾーン(疎林広場、芝生広場、野原)            ・・・・  6.5ha 里山ゾーン(樹木林、常緑林、散策園路、展望広場)  ・・・・  7.0ha

画像

松伏町公式HPより

駐車場がいくつもあるのでとめられないことはまずないでしょう。
電車で行くならせんげん台が最寄り駅でバスも出ているみたいです。

2.自然がいっぱい!

こちらの公園は「水辺ゾーン」「広場ゾーン」「里山ゾーン」と3つのエリアに分かれていて、水辺ゾーンでは広いトンボ池を鴨や亀が優雅に泳いでいます。木道で歩きながら散策できるので魚を見つけたりトンボを見つけたりと子供たちも楽しそうでした!また、里山ゾーンではこの公園の名前のとおり小高い丘があります。けっこう本格的な雑木林があるので虫取りをしたりしている子がたくさん見受けられましたよ。どろぼう草や木の実などで遊んでも◎。展望台からは公園内が一望できます。(スカイツリーや遠くの山なんかも見えます)秋になると満開のコスモス畑が!!

お子さんの写真撮影にはおすすめですよ!ただしよく見ると芋虫が大量にいるので近づきすぎるとびっくりします(笑)10月末の土曜日には秋の花まつりが開かれて屋台が出たり、ステージでのイベントが開催されたりするようです。昔ながらのベーゴマ遊びやストラックアウト、ミニ新幹線なんかも来るそうです。これは楽しそうですね!

3.遊び方豊富な多目的広場

一番の魅力は豊富な遊び方ができる多目的広場です。最近ボール投げ禁止、自転車禁止、スケートボード禁止、じゃぶじゃぶ池での水遊び禁止、テントの設営禁止など子供たちの安全を守るためなのかはわかりませんがずいぶんと公園での遊び方も制限されていますよね。

しかし安心してください!こちらの公園では上記の遊び方、すべてOKです!なんと心の広い…!特にあの野球チーム西武ライオンズと提携していてキャッチボールができる公園と標榜しているそう。たしかにグローブをはめて親子でキャッチボールをしたり子供用のバットで遊んでいる子がたくさんいました。もちろんちょっとしたアスレチックや砂場もあるので小さい子でも飽きませんよ!

公園へ行こうHPより)

じゃぶじゃぶ池も広いので夏場は水着必須です。

「まつぶし緑の丘公園」の画像検索結果埼玉県HPより)

4.豊富なレンタル遊具

こちらの公園、なんと手ぶらで行っても大丈夫!だいたいのものはレンタルがあるんですね~。

無料のもの
・子供用バット・グローブ・バトミントンセット・キャンディーボール
・縄跳び・ベビーカー・車いす
有料のもの
・テント(200円)・ツイスター(200円)

ほんとうに日陰が少ないのでテントはあったほうがいいです。
というか子持ち家庭でよく公園で遊ぶなら買ってしまうのも手です。けっこう出番が多いので。
おすすめはコールマンのテントです。

公園テントを選ぶ基準としては「フルスクリーン(全閉じ)できる」「設営が簡単」「虫除けのメッシュがある」がありますがこちらは全部クリアしています。フルスクリーンできると海水浴やプールでわざわざ激混みの更衣室に行かなくても着替えられますし、お昼寝したいときも目隠しになっていいです。上だけ空けて網戸にすれば風も通るので暑くありません。設営もパパと二人で3分ぐらいでできますし、収納もコンパクトなのでわが家では車に入れっぱなしです。

5.おわりに

一日目いっぱい遊んで、帰りの車で爆睡した子供たち。夜もすんなり寝てくれて助かりました。
天気の良い日は公園へGO!