ハンドメイド

賃貸でも大丈夫!貼ってはがせる輸入壁紙WALPAのショールームに行ってきました。


うちのマンション、4.5パターンの組み合わせから色を選ぶタイプのもので床の色とか建具の感じはものすごく気に入っているんです。

だけど廊下とトイレの壁紙のカラーが落ち着き過ぎていてあまり好みでないのです。
エコカラットの施工も考えては見たけど結構予算がかかるのであまり気楽に手を出せない…。
そんなときにネットで『貼ってはがせる壁紙』というものを見つけたわけです。


こちらのショップです。輸入壁紙なだけあってものすごくおしゃれなんですよ!
ぜひ現物も見てみたいということで行ってきました、銀座店!

photo  (http://walpa.jp/user_data/walpa-ginza.php)
そこには山のようにカタログが…

こちらではプロジェクションマッピングのようにほぼ実物大に壁紙を投影してシミュレーションをすることもできます。
『フリース壁紙』(輸入壁紙はほとんどがフリース壁紙)と呼ばれているものであれば貼ってはがせる糊を使えるそう。

だいたい1ロールが幅50㎝ぐらい×10mで6000円~20000円ぐらいで売られています。

専用糊と道具のセットが4000円ぐらいなので一万円代から気軽にリフォームすることができます。

お部屋を気軽に模様替えしたい方はぜひ試してみてくださいね!

私はまずは柄を決めることからはじめないと!(笑)

 

ABOUT ME
mamamatome
【時給3600円の専業主婦ライター】時給を上げたきゃ執筆スピードを上げろ!ノウハウを呟きます! 出産を機に退職→2児の母。大手メディアの在宅ライター歴3年。1日1時間の短期集中でパート並みのお給料を頂くテクニックや日常の気付き、効率良い暮らし方を発信しています。