資生堂ショックに見る企業の本音


数日前、ニュースで話題になっていたこちら。

エラー|NHKオンライン

ひでぇ話だ、と思いますけどね。

「制度を利用するのが当たり前になっている社員」なんてほとんどいないです。むしろ制度だったら何の気兼ねもなく使える制度であってほしいです。

私もかつて女性比率の高い会社で働いていた1人ですが、時短勤務の先輩は毎日頭を下げながら帰っていました。熱で保育園から帰されることも多くてその都度仕事を調整したり気を使ったり…。

未婚のお姉様方多数の職場で育休を取得して復帰後は時短…なんて胃に穴が空きそうなんで辞めてしまいましたが。

実際「平等な」勤務が課されたとしてどれだけの人が働き続けられるのでしょうか。
シングルマザーや単身赴任でパパが近くにいない人はまず難しいでしょうね。

どちらかの実家の親が近くにすんでいて、時間も自由な人?親もいつまでも元気なわけではないですよね。

夜間休日対応で病児保育も完備な保育園にいつでも入れる人?そんなの聞いたこともないわ!

実際は退職勧奨でしょ、これ。 育児が落ち着いたら再雇用、だったら印象は違うんですが。

大企業でこれをやっちゃうぐらいだから中小なんて尚更です。

もういっそのこと採用面接の際に「私は子供はいりません。できたらやめます」の誓約書でも書かせてサインした人だけ採用したら、と。

もちろん違法ですがそのほうがずっと誠実な気がします。

ある程度の年齢になれば育児だけじゃなく、親の介護なんかも問題になってくるのではないでしょうか。

こういうのが世の中の大きな流れになっていったらいやだなあ…。大広告主様だからニュースにすらならないのもまた残念です。

スポンサーリンク
育児あれこれ
スポンサーリンク
mamamatomeのフォロワーさん、募集中です!
まままとめ -mamamatome-