ハンドメイド

【釘打ち・のこぎり最小限】DIYド素人が100均材料でトイレをタンクレス風にしてみました!


ネット界隈で話題のトイレのタンクレス化、やろうやろうとずっと思っていたのですがなかなか手が付けられず、先日やっと実現することができました。

1.必要な道具・材料

◇道具

・タッカー
・金槌
・ボンド
・養生テープ
・メジャー
・はさみ
・のこぎり(100均で売っているような簡易なものでOK)

◇材料

・木材(すべてseria,単位はcm) 計1300円
  45×15→4本
  45×9→6本
  45×1.2(こちらは3本セットで100円)→8本(3セット)
・釘(seria,細いもの)→1セット 100円
・プラスチック段ボール→4~5枚(seria) 4~500円 
・巻きす(お寿司をまくやつ)→1枚(seria) 100円 
・白タイルシール(seria)→4枚 400円 
・黒タイルシール(楽天で購入)→2枚 1934円
・グレータイルシール(off & on)で購入→1セット 421円
・壁紙(壁のDIYに使用した残りを利用しましたが100均で十分です) 500円ぐらい
・ジョイント金具(ダイソー、木材を繋げるために使用)→100円
・突っ張り棒(seria)→2本 200円
・額縁(seria)→1つ 100円
・フェイクグリーン(seria)→1つ 100円

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dream Sticker タイルシール ALT-19 ブラック 376mm×134mm×1mm 3692214989
価格:967円(税込、送料別) (2018/10/15時点)

 

楽天で購入

 

 

2.設計図

事前に大まかにかいていたのはこちら。(上から見た図)

ちょっと図が見にくいかもしれませんが、こんな設計です。本当はすべて木組みで作ったほうが強度もあるのですが、木工は素人のため寸法を合わせる部分は突っ張り棒を利用しました。

ごみ箱を中に隠したいので巻きすをシャッターのように使って出し入れする仕組みにします。

3.手順

①木材をジョイント金具で2本ずつたてに繋げてのこぎりで長さ(床~天板までの長さ)を切りそろえる。このとき強度を上げるために継ぎ目をずらすとよいかもしれません(細いものはタッカーでも接続できます。)

②天板と側板用のプラスチック段ボールを採寸して切り出す。(つなぎ目は裏からガムテープで止める)水を流すレバー用の穴もあけておく。

③プラスチック段ボールのうらに角材を打ち付ける。

④側板に壁紙を貼り、額縁を打ち付ける。また、装飾した巻きすをうらからつける。

⑤木材をトイレに設置し、突っ張り棒で固定する。側板も設置する。

⑥天板を角材に打ち付けて固定する。

⑦天板にタイルシールを貼り、フェイクグリーンを飾れば完成!

4.タンクレス風にした感想

うーん、ちょっと張りぼて感はあるけれどかかった費用は全部で6000円行かないくらいでできたので良しとしよう。細かいのこぎり等の技術がないため、天板と側板にはさみで手軽に切れるプラダンを利用しましたが2枚重ねにすれば十分な強度がありますね。もちろん技術のある方はしっかりと裁断して天板を一枚板にすると素敵なんでしょうが、なかなかピッタリに切ったりやすり掛けをしたりで大変ですよね。私のうちはトイレのうらに埃がたまらないこと&ごみ箱を隠したいというのが目的だったのでこれで十分だと思います。天板の上に飾りを置いたりしてアレンジしていこうと思います!

ABOUT ME
mamamatome
【時給3600円の専業主婦ライター】時給を上げたきゃ執筆スピードを上げろ!ノウハウを呟きます! 出産を機に退職→2児の母。大手メディアの在宅ライター歴3年。1日1時間の短期集中でパート並みのお給料を頂くテクニックや日常の気付き、効率良い暮らし方を発信しています。