暮らし

強烈なくせ毛の私がアイロンいらずで出かけられるように!Tangle Teezerの欠点は?類似品でもOK?


梅雨ですねー。昔から「根元からうねるくせ毛」「ゴワゴワ剛毛」「毛量の多さ」の三重苦に翻弄されてきた私にはつらい季節です。縮毛矯正で無理やり押さえつけても1か月後には髪が伸びてハチ張りボンバーになってしまう悲しさよ。

ですが、今年は何だか楽しく梅雨を迎えられそうです。

というのもひそかに話題のTangle Teezerを手に入れたから!

Tangle Teezerとは?

 

どんな髪でも本当に魔法のようにすっと通ります。絡まないので目の大きい櫛で毛先をあらかじめほぐしたりする必要もありません。これは今までのいわゆる櫛・ヘアブラシの類とは一味も二味も違いますよ。値段もかなりお手ごろです。

特に毛が絡みやすい子供の髪に最適!なかには長毛種のペット用に使っている方もいるとか。

今まではうちの娘も絡まって痛いとブラッシングを嫌がっていたんですが最近では自分でとかしてから登校するようになりました。

髪に負担がかからないからか心なしか艶が戻ってきたような気すらします。

濡れた髪や傷んだ髪でも使えて汚れもつきにくいのでズボラさんでも大丈夫!

デメリットは?

欠点をあげるとしたら持ち手が握るタイプなので自分でヘアアレンジをしたりするときにはちょっと持ちづらいかなぁということと、偽物や平行輸入品が多くて「国内正規品」を探すのが難しいことです。上記にリンクしたショップ「はさみ屋」さんは送料無料で国内正規品を扱っているので安心です。偽物はカラーやパッケージまでそっくりだったりしますが素材が違っていたりブラシの毛の長さがちがっていたりで思っていたような仕上がりにならないことも多いみたいです。

くせ毛で悩んでいる人や髪の毛の傷みが気になる人は是非一度「国内正規品」のものを試してみてください!

 

ABOUT ME
mamamatome
【時給3600円の専業主婦ライター】時給を上げたきゃ執筆スピードを上げろ!ノウハウを呟きます! 出産を機に退職→2児の母。大手メディアの在宅ライター歴3年。1日1時間の短期集中でパート並みのお給料を頂くテクニックや日常の気付き、効率良い暮らし方を発信しています。